私は学生の時に、今で言う「ガテン系バイト」をたくさんしました。
ガテン系バイトのメリット・デメリット

私は学生の時に、今で言う「ガテン系バイト」をたくさんしました

●41歳 男性

私は学生の時に、今で言う「ガテン系バイト」をたくさんしました。
苦学生だったので、少しでもお金を稼ぐ必要があり、春・夏・冬と学校が休みのときは、アルバイトに明け暮れていました。

特に建築現場での仕事は苛酷でしたが、いろいろな職人さんに技術を教わって大変為になりました。
真夏の炎天下の中で一日中汗を流して仕事をした経験は、今でも仕事を行う上での忍耐力に繋がっています。あの時の辛さを思えば、大抵の肉体労働は苦になりません。
アルバイトはお金だけでなく、その道のプロの技術や仕事に対しての心構えを学ぶことができるので、先々いろいろな場面で役にたちます。

ただし、「ガテン系バイト」で気をつけないといけないのが怪我です。
安全管理等が十分に行われていない現場もあります。
私が仕事をしたところは、大型パワーショベルのショベルに人間が乗って、川をわたったりする無茶苦茶な所でした。
操作を誤ったら一瞬であの世行きです。
25年以上も前の話なので、今はそんな現場はないと思いますが、安全管理がしっかりしたところを選ぶのが大事だと思います。
アルバイトは色々な経験ができます。学生のときは、社会勉強と思って、いろいろな職種のアルバイトを行うことをお勧めします。

Copyright 2017 ガテン系バイトのメリット・デメリット All Rights Reserved.